西宮ゲーム合宿
2005年5月7日(土)〜8日(日)
西宮市甲山自然の家


ゆっきーとパパりんは西宮ゲーム合宿に参加しました。
NPO法人世界のボードゲームを広げる会ゆうもあが主催する、泊まり付きのゲーム合宿です。)

明石大橋が開通して、高速道路網が整備されたと言っも高松から西宮はとても遠いです(泣)。JRで高松から岡山まで55分、そこから新神戸まで1時間、神戸市営地下鉄で1駅、阪急に乗り換えて特急で2駅、さらに阪急、最後はタクシーで1200円。と、お昼過ぎに家を出たのに、いざ会場に着くと、もう夕ご飯のいただきますが始まる前でした(11時から始まっているので7時間も損した計算…)。
謎なポーズ…
今回の参加者は50名弱(!)。子どもたちが半分くらいでしょうか。ゆっきーは中でも一番小さい方、周りはみんなお兄ちゃんお姉ちゃん。幼稚園に行きだしたゆっきーですが、まだまだ他の子どもと遊ぶ能力は身につけていないようです。大人と遊ぶのは得意なのですが、子どもたちとは遊ぼうとしません。以外と内気なのかも。
夕ご飯が終わって、みんなでゲーム大会。スタッフの年齢当てクイズや、トランプを使った推理ゲーム、そしておのおのが好きなゲームを始めます。まずはじめに遊んだのは、セレクタ社の新商品。小鳥ががんばって飛んでいくという、磁石を使った双六ゲームです。さすがセレクタ!子どもが興味を持つツボを見事にとらえたゲームです。もちろん、大人もはまってしまう面白さ。
まだまだ、いろいろ遊びたかったのですが、もう9時になったので、ゆっきーはおやすみの時間。名残惜しみながらも、布団に入ったのでした。寝る部屋は、2家族の相部屋で、知らない人と同じ場所で寝るのは初めてのゆっきー。お姉ちゃんと仲良くなって暴れ回ってしまい、寝静まったのが夜中の11時でした。それから、ぱぱりんは、明け方の4時30分までゲームをしていたのは秘密です。普段は、ゲームを教える側にいて遊ぶことがなかったぱぱりんですが、久しぶりに遊べて大満足です。エネルギーが注入されたようです。
さあ、2日目。そんな感じで夜鍋していた人たちも、朝7時には集合し朝食をとりました。それから、朝の甲山へハイキングに出かけました。見渡す限りの五月晴れ(まあ5月ですから)、山の緑も美しく、50人でぞろぞろと山道を歩きます。少し行くと、神戸を見渡せるところに出ました。神戸から大阪までが一望できます。都会と山林が共存する西宮に、とても驚きました。そこで記念撮影です。
(ゆっきー撮影)
合宿場に戻ったら、ゲーム三昧です。ゆっきーはここぞとばかりに次々とゲームを持ってきます。ゆっきーとこんなにみっちりとゲームをするのは初めてです。いろんな気づきがあります。ドイツゲーム(特に子どもゲーム)はそれぞれが、子どもたちのどの能力を引き出すために存在するのか?というテーマを持っており。新しいゲームを遊ぶたびに、それに気づかせてくれます。ドイツゲームはまだまだ奥が深いです。ゆっきーのお気に入りゲーム「メイク&ブレイク」も簡単な問題しかクリアできないかと思っていたのに、最高難度の問題も次々クリアして、「こいつめなかなかやるな!」と感心しました(写真は中級のレベル2)。また会場にはネフの積み木や、クーゲルバーンなどゲームがまだできない年齢の子どもも遊べるおもちゃも用意されておりました。

というわけで、午後3時に解散。そのまま帰路についたのでした。すっかり疲れがたまっていたゆっきーは、席に座ったとたんあっという間に眠りについたのでした。

写真にポーズを撮りながら電車にバイバイしています(笑)

ゆうもあ』スタッフの皆様、ありがとうございました。お世話になりました。


↑ゆっきーとゆかいな仲間たち
広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー